桜皮細工の修理をしてくださるところをご存知ないでしょうか? 祖母の茶筒(

桜皮細工の修理をしてくださるところをご存知ないでしょうか? 祖母の茶筒(桜皮細工、八角形)が少し壊れています。 通販サイトを通して修理を依頼できないかたずねたところ、職人さんは自分で作ったものしか修理しないと言われてしまって困っています。 どなたか、修理を請け負ってくださる桜皮細工の職人さんをご存知ないでしょうか? 伝承館の方にも幾度か時間をおいて電話をかけてみたのですが、年中無休のはずが電話にでないし。。。 漆器も桐ダンスも、割と気軽に職人さんが修理を請け負ってくださるので、なんで桜皮細工だけ?と疑問半分不満半分の気持ちもあります。 桜皮細工に詳しいかた、修理を請け負ってくださる職人さんや、職人さん事情をご存知でしたら教えていただきたく思います。 大した破損でも無いの

で、自分で直してみようかとも思うのですが、せっかくの物ですし食品周りの物なので、木工ボンドではなくきちんとした方の修理で直してあげたい気もします。 壊れている部分が桜皮に関する部分では無いので、ぶっちゃけ失礼な話ですが漆を修理できる方 なら修理できるとも思いますが。。。 漆器でも無いのに修理を頼むのは、やはり失礼でしょうか。 長くなってしまいましたが、ご回答のほどよろしくお願いいたします。

検索サイトに「桜皮細工 制作工程 膠 」と打ち込んで調べてみて下さい。 修理して下さる処が見つかるかもしれません。 膠を使用して接着するのは存じてますが、畑違いですので接着の焼コテの温度について詳細がわかりません。小さな部分でしたらハンダコテでも可能かと思います。いずれにしても樺皮が焦げない温度であろうと思いますが。

RGB_LEDを使用し目的の場所を光らせる際に 配線はグローブボックス奥のヒューズボックスから電源 を取るのですが目的の場所まで遠いので配線を延長しなくては なりません。 このとき延長に使用するケーブルに電話の4芯コードを代用しても かまいませんか amazonやヤフーショッピング等で探せばあるのですが買わずに 手元にあるもので代用したいので,質問しています。 ケーブルの太さや電流の関係で加熱や断線の恐れがないか確認したいです。 よろしくお願いします。

0.3Aとかのようなので止めたほうがいいでしょう。