旧リアルマッコイズの新品b-6を手に入れました。 前のオーナーからは、98年頃

旧リアルマッコイズの新品b-6を手に入れました。 前のオーナーからは、98年頃購入したもので、定価は29万くらいだったと聞いています。 当時そのくらいの価格のb-6はなかったような気がするの ですが。どなたか詳しい方にいくつか、お聞きしたいのですが、当時その金額で販売されていたものがあったのでしょうか。。? どこを見たら判断がつきますか? また、旧リアルマッコイズ時代のb-6に使われていたシープスキンは。すべてサウスアフリカンメリノシープでしょうか?また、現行のリアルマッコイズのレザーパーツは、ホースハイドに対して旧リアルマッコイズのレザーパーツはマスタングハイドと記載があります。 この点も当時、旧リアルマッコイズのすべてのb-6に使用されていたか知りたいです。 また、旧リアルマッコイズ

は、現行のリアルマッコイズ、バズリクソンズや、The-FEW、レインボーカントリーと比較した場合、どの程度の質、ランクをつけるとすれば、どの位置ですか? 詳しい方、お教え頂けたら幸いです。

98年の旧マッコイズB-6には、サウスアフリカンメリノシープをクラシックタンニングで仕上げた受注生産モデルがあり、これは税抜き28万でした。しかしこのモデルのラベル表記の最後はBEACOM,N.Yです。 質問のB-6はMIDDLETOWN,PA 表記ですので、16万だったレギュラーラインのマッコイネームB-6かと思います。 旧マッコイ時代のB-6は、ノースアメリカンメリノシープとサウスアフリカンメリノシープがあります。モデルにより使用されているシープが違う年もありました。 マスタングハイドについては、B-6に限らず旧マッコイの馬革は95年頃から全部その表記になってます。 これは「マッコイズはアメリカに広大な自社牧場を構え、そこで馬を半野生状態で放牧し、他社の馬革と区別するために 『マスタングハイ��

�』 と称して独自で完全管理し、使用している」という触れ込みでした。 現リアルマッコイズ、バズリクソンズ、The-FEW、レインボーカントリーは全て旧マッコイズが元であるブランドです。(バズのスタートは、マッコイズが企画し東洋が制作したマッコイズ廉価レーベルです) 程度が良ければ、旧マッコイの品質はこれらに優る事はあれども、劣る事はありません。 ランク(格)で言えば、元祖であるぶん上かと。

ジャニーズのコンサートチケットの一般販売分をオークションなどで購入した場合、当日本人確認などで退場になりますか? ちなみにチケットの購入権をオークションなどで購入し、購入後自分で発 券する場合です。(オークションでは払込番号でのやり取りの場合)

一般発売の無記名のチケットなら退場になりません